Posted on

営業代行とはどういったものか?

企業にとって自社の商品やサービスを販売するために営業力の強化は欠かすことができない重要なテーマです。もっとも、優秀な営業マンを多く雇うのは容易ではなく、かと言って一から営業マンを育てるには時間がかかるだけに、短期間で営業力を伸ばすのは簡単なことではありません。そこで、手っ取り早く営業力を向上させたい企業におすすめなのが営業代行を利用するという方法です。ここで営業代行というのは、営業代行会社がクライアントに代わって商品などを売るための営業を行ってくれるというサービスのことをいい、サービスの形態は業務委託となります。営業のスペシャリストたちがしっかりと自社の商品などを売り込んでくれるだけに、高い効果が期待でき、うまく使えば営業部門を強化せずに売り上げを大きく伸ばすのも不可能ではありません。

労働者派遣との違いとは?

営業代行と似たサービスに労働者派遣がありますが、両者は似て非なるものです。労働者派遣の場合には、派遣会社が抱えている派遣社員をクライアントが社内に受け入れて、彼らに対する指揮・命令を自ら行う必要があります。そのため、適切に指示を行わないと、せっかく営業要員として派遣社員を迎え入れても直ちに営業力が向上することにはならない可能性があるのです。一方、営業代行はあくまでも業務委託ですので、クライアントに代わって営業を行う営業マンたちを指揮・命令するのはあくまでも営業代行会社です。営業ノウハウが豊富な代行会社が自らの責任においてしっかりと営業マンをコントロールしてくれるため、クライアントがいちいち指示しなくてもしっかりと営業してくれることが期待できます。

営業代行は売りたい商品やサービスがある時に的確な販促や告知を行い売り上げの向上に貢献してくれる人材を活用出来るサービスです。