Posted on

気温による発電効率の意識

光熱費の節約などを目的に自宅に太陽光発電のシステムを導入する人が増えています。太陽光発電とは文字通り太陽から照射される紫外線をエネルギーとして蓄えるシステムです。そのため、日中の気温が高くなるほどたくさんのエネルギーが充電できると考えている人も少なくありません。これは大きな間違いで一般的なソーラーパネルは25度を基準に作られているため、日差しが強過ぎると発電効率が下がりやすくなると言われています。1年を通して平均気温が高い地域で導入する時は温度変化に強いパネルを選ぶのが効率良くエネルギーを充電するコツです。

日差しが当たるパネルの位置と角度の調整

太陽光発電で効率良くエネルギーを充電するポイントの一つがパネルの位置と向きです。一般的にソーラーパネルは家の南側に設置することで効率良くエネルギーを吸収できると言われています。とはいえ、集合住宅など住居形態によっては南側に設置できないケースも少なくありません。東や西など若干充電効率が下がる場所に設置する場合に重要となるのが角度です。パネルを傾斜角30度にすると紫外線がパネルに当たりやすくなり方角による吸収効率の低下をカバーできます。

設置枚数と費用の兼ね合い

ソーラーパネルの枚数が増えればそれだけ効率良くエネルギーの吸収ができますが、面積を広げると日差しが当たらない部分も出てきます。太陽光発電の費用はソーラーパネルの枚数も大きく影響するため、当たらない場所に設置をするのはお金の無駄です。最小限の枚数でパネル同士の隙間を無くすなどの工夫をすることがコストを抑えて効率良くエネルギーを吸収する秘訣になります。

最近、再生可能エネルギーが注目されています。そのため、太陽光発電の価格は年々安くなっており、人々が利用しやすくなっています。